2025年には1265億ドル市場に!世界を席巻する「ライドシェアリング」

2025年には1265億ドル市場に!世界を席巻する「ライドシェアリング」

2019年07月15日 12:00

前回は、クルマを「所有から利用へ」とシフトするトレンドの始まりとも言える「カーシェアリング」の動向についてまとめました。

そして2010年代、急速に立ち上がったのが、UberやLyftをはじめとする「ライドシェアリング」です。

スマートフォンの普及

ライドシェアを一言で言うと、「クルマを運転できる人」と「クルマで移動したい人」をマッチングするサービス。

ライドシェア市場が立ち上がる前提として欠かせなかったのが、今や当たり前の存在になった「スマートフォン」の普及です。

2016年のメアリー・ミーカーレポート

スマートフォンの普及が本格化したのは、2010年に入ってから。

誰もが高度なGPS機能と、モバイルインターネットを同時に所有する社会が実現されたのです。

当たり前ですが、それまでタクシーを呼ぼうと思ったら、電話して自分の位置を口頭で伝えなくてはなりませんでした。

それがスマホを使えば、近くにいるドライバーを自動でマッチし、支払いもスマホ上で終わらせることができるのです。

Uber/Lyftの急成長

「ライドシェア」というカテゴリの立役者は、多くの方がご存知の通り、アメリカの「Uber」です。

この続きを見るには
(2661文字 画像7枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード