【2016年12月期】大塚商会の業績

2017年05月01日 17:47

2016年12月期の大塚商会の売上高は6434億円、経常利益408億円。子会社8社と関連会社8社を有し、事業セグメントと概要は次の通り。

システムインテグレーション事業

情報システムの構築から稼働まで。コンサルティング、ハードウェア・ソフトウェアの販売、受託開発、機器の搬入設置、ネットワーク工事などを行う。

サービス&サポート事業

システム稼働後のサポート。オフィスサプライ供給、保守サービス、業務支援サービスなど。

その他

自動車整備、板金、保険代理店業など


連結従業員数の内訳

連結従業員8538名のうち、大塚商会本体には6985名が所属し、システムインテグレーション事業とサービス&サポート事業を展開。。その他、システムインテグレーション事業を行うOSKとネットワールドにそれぞれ424名と378名、サービス&サポート事業を行うアルファテクノとアルファネットにそれぞれ314名と415名が所属している。大塚オートサービスには22名が所属し、その他の事業を行なっている。


セグメント別売上高

全体の売上高6434億円のセグメント内訳。システムインテグレーション事業で3764億円と58.5%を売り上げている。サービス&サポート事業は2666億円の売上で41.4%の割合。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード