Googleも投資「インポッシブル・フーズ」は人工肉を"庶民の味"にできるか

Googleも投資「インポッシブル・フーズ」は人工肉を"庶民の味"にできるか

2019年07月09日 12:00

人工肉で世界を変えようとしているのはビヨンドミートだけではありません。

世界で最も脚光を浴びている企業の1社が「インポッシブル・フーズ」です。Googleやビル・ゲイツ氏などから出資を集め、現在は評価額が20億ドルに到達。ビヨンドミートに続きIPOに向けて準備中とも言われています。

今回のエントリでは、未上場としては世界最大の人工肉スタートアップが生まれた背景と競争力の源泉に迫ります。

スタンフォード大学の研究者によって2011年に設立される

インポッシブル・フーズを設立したのはアメリカ生まれのPatrick O. Brown氏。奇しくもビヨンドミート創業者と名字が同じ"Brown"です。

この続きを見るには
(2523文字 画像10枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
連載シリーズ(全7回)
  1. 市場がヒートアップ!世界中が熱い視線を送る「人工肉」とは
  2. 上場1か月で株価7倍!人工肉で新時代を創る「ビヨンドミート」創業秘話と成長戦略
  3. Googleも投資「インポッシブル・フーズ」は人工肉を"庶民の味"にできるか
  4. なんと30年も時代を先取り!イギリス生まれの人工肉「Quorn」とは
  5. 出資先のビヨンドミート株を売却し人口肉参入!食肉最大手「タイソン・フーズ」の変革
  6. 人工肉の次に来る革命はこれ!シリコンバレー発祥の「完全食」に迫る
  7. 実は食材革命の最先端!日本でも盛り上がるフードテック
この記事に関するキーワード
ストーリー Impossible Foods
Wycgd7k0bmjc2squovoumq

"ドックレス革命"で電動スクーターブームの火付け役に!Google等が出資するユニコーン「Lime」

2019年06月07日 20:00

電動スクーターブームの震源地・アメリカ、特に西海岸では街のあちこちにライトグリーンの機体が転がっているといいます。