4年で売上約2倍「メガネスーパー」のリアル店舗改革

4年で売上約2倍「メガネスーパー」のリアル店舗改革


メガネ、コンタクトレンズなどの販売を行う全国チェーン店の”メガネスーパー”などを運営している「ビジョナリーホールディングス」(証券コード:9263)が19/4期本決算を発表しました。

 ビジョナリーホールディングスは全国チェーン店「メガネスーパー」を中心に8社を子会社に持ち、グループ経営をしています。 

19/4期の売上は265億円(前年同期比+22%)に増加。今期売上は15/4期に比べ、+85%ほどと再生期を経て大幅に成長しています。

 業績が好調な「ビジョナリーホールディングス」ですが、主戦場のメガネ市場は縮小傾向にあることがわかりました。

このような市場環境で売上を伸ばしている理由とは一体何でしょうか。

 売上倍増のカギは次世代型店舗への移行にあった!

この続きを見るには
(1939文字 画像16枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
この記事に関するキーワード
決算分析 ビジョナリーホールディングス