セブンペイの被害状況が明らかに 前日の経済ニュース10選

セブンペイの被害状況が明らかに 前日の経済ニュース10選

2019年07月05日 07:00

昨日話題となった経済ニュースの中から、注目の10本をピックアップしてお届けします。

「セブンペイ」不正アクセス被害は約900人、計5,500万円

セブンイレブンが7月1日から提供を開始した「セブンペイ」は4日、不正アクセス問題について緊急記者会見を実施。4日午前6時時点で約900人、計5,500万円の被害が確認されたと発表しました

セブンペイを利用するために必要な「7iD」では、メールアドレスと誕生日さえ分かれば「パスワード再設定に別のメールアドレスを指定できる」というセキュリティ上の問題があった模様。

第三者が何らかの方法でアカウントにログイン後、登録済みのクレジットカードおよびデビットカードを通じて金額をチャージして不正利用されてしまった、と被害の内容を報告しています。

不正アクセス被害を受け、セブンペイは現金も含めた全てのチャージおよび新規登録の一時停止を併せて発表しました。

Facebook傘下のサービスが一時的にダウン

7月3日、FacebookやInstagram、WhatsAppでは一部のユーザーが画像や動画、メッセージをロードできなくなるシステム障害が発生しました。

この続きを見るには
(3056文字 画像3枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード