アメリカで21店舗を展開!『Kura Sushi USA』が上場申請

アメリカで21店舗を展開!『Kura Sushi USA』が上場申請

くら寿司のアメリカ事業部『Kura Sushi USA』がナスダックに上場申請を行いました。

まずはくら寿司自体の創業経緯についておさらいしていきます。

メーカー勤務から脱サラし、寿司屋を開業

くら寿司の創業者は田中邦彦氏。

田中氏は1973年に桃山学院大学の経済学部を卒業し、大阪の醸造酢メーカーに就職。

そして自身が24歳の時に脱サラし、1977年に大阪の堺市で寿司屋さん(回転しない)を開業します。

その後、1984年に「100円で本物」をキャッチフレーズに「回転寿司くら」を開業し、回転寿司業界に参入。1990年に現在の『くら寿司』を創業することになります。

順調に成長を遂げたくら寿司は2001年にナスダックジャパンに上場。

今回アメリカのナスダック市場に上場することになったくら寿司のアメリカ事業は2009年から開始しています。

くら寿司全体の業績を見てみると、売上は右肩上がりに増加しており、2018年の通期売上は1,325億円に。営業利益は69億円ほど稼ぎ出しています。(営業利益率:5.2%)

今回上場申請をしたくら寿司のアメリカ事業『Kura Sushi USA』を見る前に、くら寿司全体の状況を確認したいと思います。

1皿100円〜300円の回転寿司を提供

まずはくら寿司の日本事業から見ていきたいと思います。

この続きを見るには
(1717文字 画像13枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方
「流れる寿司」を食べているのはたった15%! 増収続ける回転寿司屋「元気寿司」

「流れる寿司」を食べているのはたった15%! 増収続ける回転寿司屋「元気寿司」

読者の皆さんは回転寿司に行った際には「流れている寿司を食べる派」と「どんなに寿司が流れていてもオーダーする派」に分かれると思います。

今回はその傾向に着目した大型寿司のチェーン店「元気寿司」(証券コード:9828)を取り上げます。