VISAやAMEXはどうやって確立された?米国クレジットカード産業の始まり

VISAやAMEXはどうやって確立された?米国クレジットカード産業の始まり

「キャッシュレス化」の必要性が叫ばれる現代。

その始まりが「クレジットカード」だというのは、決して言い過ぎではないと思います。

今や世界で何十億枚も流通し、VISAだけでも決済ボリューム(Payments Volume)は8.2兆ドル(2018)。

日本のGDPが5兆ドル弱(2017)ですから、それよりも大きな金額です。

すっかり世界の決済インフラとなったクレジットカードは、どのようにして始まったのでしょうか。

クレカの始まりに関する「俗説」

世界で最初のクレジットカードと言われているのが、アメリカの「ダイナーズクラブ」です。

一般には1950年、実業家のフランク・マクナマラが、ニューヨークのレストランに行った際に財布を忘れ、恥ずかしい思いをしたのがきっかけと言われています。

財布を忘れたくらいで信用が疑われるのは困る」ということで、合理的な決済手段を考案。

グルメ仲間と「ダイナーズ・クラブ」を立ち上げ、それがクレジットカードの誕生に繋がる、というストーリーです。

この話は、創業当時のダイナーズ・クラブの広報係による新聞記者向けの「作り話」であり、現実とは本質的に異なる、とも言われています。

そもそも「クレジット」という概念は、決して真新しいものではありません。文明と同じくらい古くから利用されてきました。

今回は、アメリカで「クレジットカード」がどのように定着したのか、20世紀のアメリカを中心にひもといて見たいと思います。

百貨店などが自ら発行した「ハウスカード」

近代的な「クレジット」の概念は、18世紀後半のイギリスで生まれたと言われています。

ところが、消費者によるクレジット利用は批判にさらされ、なかなか一般に普及しませんでした。「ツケ」に心理的な恐怖があったのかもしれません。

その間に、新興国であるアメリカでは、この新しいアイデアがすぐに馴染みました。最初に普及したのが、クレジットカードの前身とも言える「ハウスカード」です。

ハウスカードは、20世紀のはじめにアメリカの大手百貨店などによって発行されました。

当初は「分割払い」による購入を、そのまま広げたものにすぎませんでした。しかし1914年になると、裕福な顧客を店に引き止め、使う金額を引き上げさせるために、カードを発行し始めました。

1928年には金属製の宛名カード「チャルガ・プレート」が生まれ、その後30年もの間、クレジット払いで収益を最大化しようとする大手流通業者が発行してきました。

自動車が普及しつつあった1920年代はじめには、石油会社が「コーテシー(優待)カード」を発行。

ドライバーたちは、石油会社と提携しているところなら、どこでも「ツケ」で買い物できるようになったのです。

石油会社にとって儲かる事業ではありませんでしたが、石油業界でのシェア競争が苛烈化するに伴い、顧客獲得のための数少ない手段として、やらざるを得なかったのです。


1936年になると、アメリカン航空が筆頭となって「ユニバーサル・エア・トラベル・プラン(UATP)」という独自のクレジット・システムを開発。

UATPは現在も使われていますが、その後出てきたサードパーティによる汎用カードに似たものになり、競合するようになっていきました。

世界初のクレジットカード「ダイナーズクラブ」

汎用クレジットカードとして最初に登場したのが、1950年に設立された「ダイナーズクラブ」です。

それぞれの業界でしか使えない、流通系や航空系のカードとは異なり、加盟店であればどこでも商品の購入ができるという点が特徴でした。

それまでのハウスカードは、当事者が発行するものでしたが、ダイナーズクラブは初めて「サードパーティ(第三者)」型のカードだったのです。

消費者にはクレジットカードを配る一方、カードを使える加盟店を開拓していくことでネットワークを構築。両者からサービス手数料を取ることで収益化したのです。

当初、加盟店からの手数料は販売額の7%にものぼり、さらにカード所有者からの利子手数料も受け取りました。

加盟店側はクレジットカード会社が請求する手数料の高さを嫌がり、独自のハウスカードを発行していたデパートや石油会社からは強い反発にあうことになります。

そもそも、加盟店が少なければ消費者は使ってくれませんし、使ってくれる消費者がいなければ、加盟店を増やすことも難しくなります。

こうした「鶏卵問題」は、現代のインターネット事業でもよく聞かれる話です。

ダイナーズクラブにとっての解決策は「不屈の開拓努力」以外になく、全米に利用ネットワークを広げることに成功。

出張や接待で、レストランでの支払いを「ツケ払い」するセールスマンを中心に定着しました。

大手銀行の参入で「戦国時代」に突入

1958年になると、「トラベラーズチェック」で成功していたアメリカン・エキスプレスと、ヒルトン・ホテルの「カルテ・ブランシェ」が、汎用クレジットカード事業に参入します。

さらに、バンク・オブ・アメリカとチェース・マンハッタン銀行の二社も続けてクレジットカード事業に進出。

参入したのは、各分野の一流企業ばかりでしたが、クレジットカード事業には独特の難しさがありました。チェース・マンハッタンは1962年に事業を売却。

当時から、カードの不正利用やコンピュータ処理などの問題は大きく、その後20年にわたって業界全体を苦しめることになります。

1966年、バンク・オブ・アメリカは、新しい「バンカメリカード」をライセンスすることを決定。

その一方、他の大銀行たちは提携して「インターバンク・カード協会」を創立しました。

バンカメリカードとインターバンク(マスター・チャージ)は、他の銀行系カードに比べて母体が圧倒的に大きく、中小銀行による地元のクレジットカードは存続が厳しくなります。

巨大資本による大規模なマーケティング戦争が起こり、クレジットカード業界は成長期を迎えたのです。

その一方で中小の銀行は、二つの巨大ネットワークに飲み込まれ、1978年には1.1万を超える銀行が、二大ネットワークの一方、もしくは両方に加盟しました。

この頃には、5200万人のアメリカ人が、少なくとも二つの銀行系カードを持つようになりました。

クレジットカードの普及で問題も発生

クレジットカードの普及は、「不正利用」という問題を著しく増大させることになります。

2つの銀行系カード会社は、どちらも不正利用の増大を覚悟してはいました。しかし、それによって生じる「法的トラブル」に対しては準備不足だったのです。

注文していない商品の支払いを請求されたり、カードが盗難にあったとき、誰が責任を取るべきか。

アメリカ政府は、数多くの法律を新設する必要に迫られました。

中でも大きかったのが、1970年に禁止された「アンソリシティッド・カード」の郵送です。

これは、「クレジットカードを大量郵送して、消費者に一方的に送りつける」というもので、古くは、30年ほど前にスタンダード石油が行なった手法でした。

なんとも荒々しい顧客獲得戦略で、カード所有者を低コストで大幅に増やすことができるものの、詐欺による損失も増えてしまうことは、石油会社のケースでも実証済みでした。

それでも、バンカメリカードとマスター・チャージの二社は、莫大な初期投資の元を取るためにも、カード所有者を大きく拡大する必要があったのです。

消費者から見れば二社のカードどちらでも大差はないという点もあいまって、二社は競うようにしてアンソリシティッド・カードの大量郵送を始めました。

(次回へ続く)

連載シリーズ(全20回)
  1. VISAやAMEXはどうやって確立された?米国クレジットカード産業の始まり
  2. AMEXはVISA等と何が違ったのか?米国クレジットカード産業の発展
  3. ATMがデビットカード登場につながった?最盛期を迎えた米国クレジットカード産業
  4. VisaやAMEXから銀聯まで!世界のクレジットカード統計の「今」をまとめる
  5. 伊予商人から日本信販(JCB生みの親)まで!国内クレジット産業の始まり
  6. 割賦販売法によるシフトで競争激化!国内クレジット産業で起こった独自の成長とは
  7. 国内クレジットカードはなぜ海外ブランドに飲み込まれた?1980年の一大転機とは
  8. 日本の決済サービスはどう使われている?クレカ・デビット・電子マネーの統計まとめ
  9. オンライン決済の代表格!ハネっかえり共が立ち上げた「PayPal」の歴史(前編)
  10. オンライン決済の代表格!ハネっかえり共が立ち上げた「PayPal」の歴史(後編)
  11. 20歳前後で創業!アイルランドの田舎出身で世界的決済サービス「Stripe」を作った「コリソン兄弟」
  12. インド3億人が利用!ソフトバンクも投資した決済サービス「Paytm」ビジャイ・シャルマ(前編)
  13. アリババ・アリペイのアドバイスで加速!インドの決済サービス「Paytm」創業者ビジャイ氏(後編)
  14. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史①
  15. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史②
  16. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史③
  17. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史④
  18. 「アリペイ」の歴史①
  19. 「アリペイ」の歴史②
  20. 「アリペイ」の歴史③