VISAやAMEXはどうやって確立された?米国クレジットカード産業の始まり

VISAやAMEXはどうやって確立された?米国クレジットカード産業の始まり

「キャッシュレス化」の必要性が叫ばれる現代。

その始まりが「クレジットカード」だというのは、決して言い過ぎではないと思います。

今や世界で何十億枚も流通し、VISAだけでも決済ボリューム(Payments Volume)は8.2兆ドル(2018)。

日本のGDPが5兆ドル弱(2017)ですから、それよりも大きな金額です。

すっかり世界の決済インフラとなったクレジットカードは、どのようにして始まったのでしょうか。

クレカの始まりに関する「俗説」

世界で最初のクレジットカードと言われているのが、アメリカの「ダイナーズクラブ」です。

一般には1950年、実業家のフランク・マクナマラが、ニューヨークのレストランに行った際に財布を忘れ、恥ずかしい思いをしたのがきっかけと言われています。

財布を忘れたくらいで信用が疑われるのは困る」ということで、合理的な決済手段を考案。

グルメ仲間と「ダイナーズ・クラブ」を立ち上げ、それがクレジットカードの誕生に繋がる、というストーリーです。

この話は、創業当時のダイナーズ・クラブの広報係による新聞記者向けの「作り話」であり、現実とは本質的に異なる、とも言われています。

そもそも「クレジット」という概念は、決して真新しいものではありません。文明と同じくらい古くから利用されてきました。

今回は、アメリカで「クレジットカード」がどのように定着したのか、20世紀のアメリカを中心にひもといて見たいと思います。

百貨店などが自ら発行した「ハウスカード」

近代的な「クレジット」の概念は、18世紀後半のイギリスで生まれたと言われています。

ところが、消費者によるクレジット利用は批判にさらされ、なかなか一般に普及しませんでした。「ツケ」に心理的な恐怖があったのかもしれません。

その間に、新興国であるアメリカでは、この新しいアイデアがすぐに馴染みました。最初に普及したのが、クレジットカードの前身とも言える「ハウスカード」です。

この続きを見るには
(2322文字 画像5枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
連載シリーズ(全20回)
  1. VISAやAMEXはどうやって確立された?米国クレジットカード産業の始まり
  2. AMEXはVISA等と何が違ったのか?米国クレジットカード産業の発展
  3. ATMがデビットカード登場につながった?最盛期を迎えた米国クレジットカード産業
  4. VisaやAMEXから銀聯まで!世界のクレジットカード統計の「今」をまとめる
  5. 伊予商人から日本信販(JCB生みの親)まで!国内クレジット産業の始まり
  6. 割賦販売法によるシフトで競争激化!国内クレジット産業で起こった独自の成長とは
  7. 国内クレジットカードはなぜ海外ブランドに飲み込まれた?1980年の一大転機とは
  8. 日本の決済サービスはどう使われている?クレカ・デビット・電子マネーの統計まとめ
  9. オンライン決済の代表格!ハネっかえり共が立ち上げた「PayPal」の歴史(前編)
  10. オンライン決済の代表格!ハネっかえり共が立ち上げた「PayPal」の歴史(後編)
  11. 20歳前後で創業!アイルランドの田舎出身で世界的決済サービス「Stripe」を作った「コリソン兄弟」
  12. インド3億人が利用!ソフトバンクも投資した決済サービス「Paytm」ビジャイ・シャルマ(前編)
  13. アリババ・アリペイのアドバイスで加速!インドの決済サービス「Paytm」創業者ビジャイ氏(後編)
  14. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史①
  15. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史②
  16. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史③
  17. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史④
  18. 「アリペイ」の歴史①
  19. 「アリペイ」の歴史②
  20. 「アリペイ」の歴史③
シェア/お気に入り
資料をダウンロード