「日本スキー場開発」は夏に何をしているのか?

「日本スキー場開発」は夏に何をしているのか?

7月も下旬にさしかかり梅雨明けも間近ですが、真夏のスキー場はオフシーズンに何をやっているのでしょうか?

今回のエントリでは「日本スキー場開発」を例に取り、「スキー場は夏に何をしているのか?」見ていきたいと思います。

8つのスキー場を運営

そもそも「日本スキー場開発」とはどんな企業なのでしょうか。

日本スキー場開発は「日本駐車場開発」を親会社に持ち、スキー・スポーツ・アウトドア・レンタルなど、年間を通して幅広い分野で施設の運営を行っています。特に人気の白馬エリアでは、4つのスキー場を運営しています。

そんな日本スキー場開発(NSD)の業績は以下のような感じです。

直近の売上は64.2億円と、過去最高の業績を達成。16/7期に一度減少していますが、全体では増加傾向にあります。営業利益は15/7期以降、苦戦が続いており、18/7期では6.2億円となっています。

オフシーズンの来場者数が5年で41%増加

そんな日本スキー場開発ですが、近年好調な事業があります。それが「グリーンシーズン」、スキー場ではオフシーズンの夏に行われている事業です。

この続きを見るには
(3074文字 画像18枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
スノーボード通販サイトから汎用ツールへ!Shopifyの歴史と創業者トビアス・ルケ氏の半生(前編)

スノーボード通販サイトから汎用ツールへ!Shopifyの歴史と創業者トビアス・ルケ氏の半生(前編)

Shopifyは、カナダに本社をおくインターネット企業です。創業者のトビアス・ルケ氏はドイツ出身。2004年にスノーボード販売ECを立ち上げ、そこから転じて2006年にShopifyをスタートしました。

Shopifyを一言で表すなら、「簡単に通販サイトを作れるサービス」。日本でもBASEやStores.JPなどが、同ジャンルのサービスを提供しています。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード