AMEXはVISA等と何が違ったのか?米国クレジットカード産業の発展

AMEXはVISA等と何が違ったのか?米国クレジットカード産業の発展

クレジットカードの歴史は、1950年の「ダイナーズクラブ」設立から始まりました。

1960年代になると、バンク・オブ・アメリカが「BankAmericard(後のVISA)」を発行。

他の銀行は、これに対抗して「インターバンク・カード・アソシエーション」を結成。これが1967年に「マスターチャージ」となり、現在のMastercardへとつながっていきました。

両社は1960年代後半、アンソリシティッド・カードと言われる大量郵送によって、顧客を大量に獲得しました。

しかしその結果、カードの不正利用など法的トラブルが急増。

1964年にはたった15件に過ぎなかったクレジットカードによる詐欺は、1968年には360件、さらに762件(1969年)と急増し、銀行は多大な損失を被りました。

原因は、信用リスクの高い個人にもクレジットカードをばらまいたこと、システムの弱点を見抜いた犯罪者による不正利用です。

昔から決済サービスと不正利用は切っても切れない関係だったのですね。

こうした結果を受け、アメリカ政府は1970年5月にアンソリシティッド・カードの郵送を禁止しました。

皮肉な話ですが、これによってクレジットカード会社が顧客を大量獲得することは難しくなり、二社による寡占が決定付けられたとも言えます。

(最近も同様の手法は行われているっぽいですが)

それでも、1973年時点での銀行系カードのシェアは、全クレジットカードの11%に過ぎませんでした。

当時はまだ、デパートなどの流通系カードが54%と過半数を占めていたのです。

VISAやMastercardはどうやって、これだけ大きな規模の違いを逆転したのでしょうか?

国際化に向けて「VISA」に改名

大きなポイントは、VISAなどの加盟店の大部分が中小企業であったということ。

この続きを見るには
(2688文字 画像7枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
無料会員登録していただくと、月に3本までの有料記事を読むことができます。
連載シリーズ(全20回)
  1. VISAやAMEXはどうやって確立された?米国クレジットカード産業の始まり
  2. AMEXはVISA等と何が違ったのか?米国クレジットカード産業の発展
  3. ATMがデビットカード登場につながった?最盛期を迎えた米国クレジットカード産業
  4. VisaやAMEXから銀聯まで!世界のクレジットカード統計の「今」をまとめる
  5. 伊予商人から日本信販(JCB生みの親)まで!国内クレジット産業の始まり
  6. 割賦販売法によるシフトで競争激化!国内クレジット産業で起こった独自の成長とは
  7. 国内クレジットカードはなぜ海外ブランドに飲み込まれた?1980年の一大転機とは
  8. 日本の決済サービスはどう使われている?クレカ・デビット・電子マネーの統計まとめ
  9. オンライン決済の代表格!ハネっかえり共が立ち上げた「PayPal」の歴史(前編)
  10. オンライン決済の代表格!ハネっかえり共が立ち上げた「PayPal」の歴史(後編)
  11. 20歳前後で創業!アイルランドの田舎出身で世界的決済サービス「Stripe」を作った「コリソン兄弟」
  12. インド3億人が利用!ソフトバンクも投資した決済サービス「Paytm」ビジャイ・シャルマ(前編)
  13. アリババ・アリペイのアドバイスで加速!インドの決済サービス「Paytm」創業者ビジャイ氏(後編)
  14. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史①
  15. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史②
  16. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史③
  17. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史④
  18. 「アリペイ」の歴史①
  19. 「アリペイ」の歴史②
  20. 「アリペイ」の歴史③