ビットポイントで約35億円の仮想通貨が不正流出 今朝の注目ニュース10選

ビットポイントで約35億円の仮想通貨が不正流出 今朝の注目ニュース10選

2019年07月13日 07:00

今朝チェックしておきたい注目ニュース10本を2~300文字程度でお届けします。

ビットポイントで約35億円相当の仮想通貨が流出 

11日、暗号資産取引所「ビットポイント」から約35億円相当の仮想通貨が不正流出したことが判明しました

11日夜、ビットポイントの仮想通貨取引システムにおいて、仮想通貨の送金に関するエラーを検出。調査の結果、ビットポイントの管理する「ホットウォレットに保管している仮想通貨」の不正流出が判明いたしました。コールドウォレット(インターネットから切り離したウォレット)で管理している仮想通貨ならびに法定通貨については、流出は確認されていないとのことです。

ビットポイントは17年9月に金融庁から暗号資産交換業者としての登録を受け、ビットコインやイーサリアムなど5種類の暗号資産を取り扱っています。

18年6月に業務改善命令を受けたことから、18年3月時点では18名だった社員数を19年3月には112名に増やし、「金融機関水準の経営管理体制」を整えました。このことが評価され、6月28日には報告期間を終えています。 今回は業務改善が一段落した矢先に生じた資産流出となってしまいました。

インドのホテル・ユニコーン「Oyo」が美団点評と提携

この続きを見るには
(3188文字 画像3枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード