まだまだ伸びる中国IT!『China Internet Report』徹底解剖

まだまだ伸びる中国IT!『China Internet Report』徹底解剖

2019年07月17日 12:00

メアリー・ミーカー氏による「インターネット・トレンド」についでSouth China Morning Postが2019年版の中国インタネットレポートを発表しました。


今回このレポートでは、中国国内のインターネットトレンドからインターネットユーザー数、Eコマース、シェアリングエコノミー、コンテンツ&メディア、スマホ、Eスポーツまで幅広くカバーされています。

スライドが100枚を超えてるため、今回はポイントだけ絞ってまとめていきたいと思います。

中国インターネット市場:ネット普及率は60%

まずは中国全体のインターネット人口から。

アメリカのインターネット人口3.29億人に対して、中国のインターネット人口は8.29億人。中国のインターネット人口がアメリカの人口の3倍ほどいることになります。

そして驚きなのが中国のインターネット普及率はまだ60%ほど。アメリカの普及率が89%と考えると、中国インターネット市場のポテンシャルは計り知れません。。

2018年、中国テック企業の年間IPOは56件と過去最大の数となり、2018年のビッグIPOは『シャオミ』や『China Tower(中国鉄塔)』でした。

2019年6月10日時点で、シャオミの時価総額は350億ドル、中国鉄塔の時価総額は470億ドルとなっています。

2019年にはTikTokなどを傘下に持つ『ByteDance』やTikTokの競合である『Kuaishou(快手)』がIPOする見込みとなっています。


2018年の振り返り:今度はパクられる立場に

この続きを見るには
(2979文字 画像18枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード