レイ・ダリオが語る「次のパラダイム・シフト」とは(前編)

レイ・ダリオが語る「次のパラダイム・シフト」とは(前編)

2019年08月03日 12:00

世界最大のヘッジファンドと言われるブリッジウォーター・アソシエイツ。

その創業者であるレイ・ダリオ氏が、LinkedInに「Paradigm Shifts」というエントリを公開しました。

そこでは、過去100年のアメリカで起こったパラダイム・シフトと、ダリオ氏が次に来ると考えるパラダイム・シフトについて述べられています。

非常に示唆に富む内容なので、ダリオ氏が述べた内容を自分なりにアレンジして、まとめてみたいと思います。

前編では、マーケットの「パラダイム・シフト」とは一体どういうことなのかを中心にまとめます。

ダリオの言う「パラダイム・シフト」とは

マーケットというものは、比較的長い期間(10年前後)の間、一定のルールに基づいて動き続ける性質があります。

そのルールを「パラダイム」と呼び、ルールが変わることを「パラダイム・シフト」と呼んでいるわけです。

興味深いのは、パラダイム・シフトが起こってしまった後は、それまでとは「真反対」の新たなパラダイムに転換するということ。

そして、それぞれのパラダイムにおいては、共通して次のような傾向が見られると言います。

この続きを見るには
(2421文字 画像4枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード