VisaやAMEXから銀聯まで!世界のクレジットカード統計の「今」をまとめる

VisaやAMEXから銀聯まで!世界のクレジットカード統計の「今」をまとめる

前回まで、アメリカのクレジットカード産業の歴史をおさらいしました。

初めはデパートや石油会社が、顧客をガッチリ捕まえるためにスタートし、第三者によるクレジットカード会社が出てきたのが1950年。

1960年代以降になると、VISA(バンカメリカード)やマスターカード(マスターチャージ)に代表される「銀行系」クレジットカードが消費者向けに普及。

一方、ビジネスマン向けにはAMEXを代表とするT&E系カードが普及し、年会費を取りつつも手厚いサービスによって銀行系との差別化を図りました。

そして現在、世界のクレジットカード産業はどのように構成されているのでしょうか。

主要ブランドの決済取扱高や発行枚数を中心に、数値をチェックしてみましょう。

国際ブランドではVisaが圧倒的

まずは、「国際ブランド」と言われるVisaやマスターカードなどの取扱高です。

Visaの資料によると、2017年の決済取扱高で圧倒的トップはVisaで、7.5兆ドルを超えています。

二位のマスターカードはそこからグッと下がり、3.8兆ドル。だいたい半分くらいの規模となっています。

さらに4分の1くらいがアメリカン・エキスプレスで、そこからまた4分の1くらいが日本の「JCB」です。

続いて、流通枚数も見てみましょう。

この続きを見るには
(2019文字 画像8枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
連載シリーズ(全20回)
  1. VISAやAMEXはどうやって確立された?米国クレジットカード産業の始まり
  2. AMEXはVISA等と何が違ったのか?米国クレジットカード産業の発展
  3. ATMがデビットカード登場につながった?最盛期を迎えた米国クレジットカード産業
  4. VisaやAMEXから銀聯まで!世界のクレジットカード統計の「今」をまとめる
  5. 伊予商人から日本信販(JCB生みの親)まで!国内クレジット産業の始まり
  6. 割賦販売法によるシフトで競争激化!国内クレジット産業で起こった独自の成長とは
  7. 国内クレジットカードはなぜ海外ブランドに飲み込まれた?1980年の一大転機とは
  8. 日本の決済サービスはどう使われている?クレカ・デビット・電子マネーの統計まとめ
  9. オンライン決済の代表格!ハネっかえり共が立ち上げた「PayPal」の歴史(前編)
  10. オンライン決済の代表格!ハネっかえり共が立ち上げた「PayPal」の歴史(後編)
  11. 20歳前後で創業!アイルランドの田舎出身で世界的決済サービス「Stripe」を作った「コリソン兄弟」
  12. インド3億人が利用!ソフトバンクも投資した決済サービス「Paytm」ビジャイ・シャルマ(前編)
  13. アリババ・アリペイのアドバイスで加速!インドの決済サービス「Paytm」創業者ビジャイ氏(後編)
  14. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史①
  15. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史②
  16. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史③
  17. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史④
  18. 「アリペイ」の歴史①
  19. 「アリペイ」の歴史②
  20. 「アリペイ」の歴史③
シェア/お気に入り
資料をダウンロード