国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史①

国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史①

2019年08月12日 12:00

「キャッシュレス」の重要性が叫ばれる現代社会。

そんな中、日本で重要な存在となっているのが「電子マネー」です。

デビットカードを大きく上回るレベルで普及し、取扱高は5.48兆円。

日本国内の電子マネー普及において、大きな役割を演じたのがJR東日本の「Suica」です。

今回は、日本におけるキャッシュレス化の一大勢力となった「Suica」という決済サービスが、一体どのようにして立ち上げられたのか、その歴史に迫りたいと思います。

自動改札では関西が先行したワケ

昔は、駅員たちが駅の出入口に立ち、切符にバチンと切れ込みを入れていたのをご存知の方も多いでしょう。

日本で自動改札機の開発がスタートしたのは1963年。

立石電機(現・オムロン)と近畿日本鉄道がタッグを組んで、1967年に京阪神急行電鉄(現・阪急電鉄)で自動改札機が導入されました。

その後も、関西の私鉄を中心に少しずつ普及していきます。

一方の国鉄は、1985年になってようやく磁気式カード「オレンジカード」を導入。

オレンジカードは、情報を読み取る磁器塗料を裏面に塗布したプリペイド式カード。しかし、あくまでも自動券売機で切符を買うためのものに過ぎませんでした。

この続きを見るには
(2597文字 画像5枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
無料会員登録していただくと、月に3本までの有料記事を読むことができます。
連載シリーズ(全20回)
  1. VISAやAMEXはどうやって確立された?米国クレジットカード産業の始まり
  2. AMEXはVISA等と何が違ったのか?米国クレジットカード産業の発展
  3. ATMがデビットカード登場につながった?最盛期を迎えた米国クレジットカード産業
  4. VisaやAMEXから銀聯まで!世界のクレジットカード統計の「今」をまとめる
  5. 伊予商人から日本信販(JCB生みの親)まで!国内クレジット産業の始まり
  6. 割賦販売法によるシフトで競争激化!国内クレジット産業で起こった独自の成長とは
  7. 国内クレジットカードはなぜ海外ブランドに飲み込まれた?1980年の一大転機とは
  8. 日本の決済サービスはどう使われている?クレカ・デビット・電子マネーの統計まとめ
  9. オンライン決済の代表格!ハネっかえり共が立ち上げた「PayPal」の歴史(前編)
  10. オンライン決済の代表格!ハネっかえり共が立ち上げた「PayPal」の歴史(後編)
  11. 20歳前後で創業!アイルランドの田舎出身で世界的決済サービス「Stripe」を作った「コリソン兄弟」
  12. インド3億人が利用!ソフトバンクも投資した決済サービス「Paytm」ビジャイ・シャルマ(前編)
  13. アリババ・アリペイのアドバイスで加速!インドの決済サービス「Paytm」創業者ビジャイ氏(後編)
  14. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史①
  15. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史②
  16. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史③
  17. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史④
  18. 「アリペイ」の歴史①
  19. 「アリペイ」の歴史②
  20. 「アリペイ」の歴史③