国内クレジットカードはなぜ海外ブランドに飲み込まれた?1980年の一大転機とは

国内クレジットカードはなぜ海外ブランドに飲み込まれた?1980年の一大転機とは

2019年08月02日 12:00

日本のクレジットカード産業は、1960年の日本ダイナースクラブ設立とともに幕を開けました。

翌年には日本信販とそのメインバンクだった三和銀行(現・三菱UFJ)が合弁で「日本クレジット・ビューロー(JCB)」を創立。

JCBは多くのステークホルダーを巻き込んで、急速に成長することとなります。

これを目の当たりにした他の都銀は、クレジットカード市場のポテンシャルに気がつき、カード事業に参入していくのでした。

「都銀」系クレジットカードの乱立

1967年に入ってきたのが、住友銀行の「住友クレジット・サービス」と三菱銀行による「ダイヤモンドクレジット(DC)」です。翌年には東海銀行(後のUFJ)も「ミリオンカード・サービス(MC)」を設立。

住友クレジット・サービス(住友カード)は、当初からアメリカのVISAと提携し、日本におけるフランチャイジーとしての立場を確立しました。

一方、住友銀行のダイヤモンドクレジットは、「18歳以上の男女で定職のある人」という緩やかな条件を押し出します。

若手層を主なターゲットとして、増改築ローン、墓園ローンなどユニークなローンとともに、消費者金融サービスにも力を入れました。

ミリオンカード・サービスも、徹底した大衆志向を推し進めます。

1972年からメールローン(郵便申し込みによる有志)を開始し、消費者金融ニーズに積極的に答えました。

やがて、日本ダイナースクラブに出資した富士銀行も、エリート向けにクレジットカード事業を展開してもスケールしないことに気がつきます。

そこで今度は、第一勧業、埼玉、太陽神戸などの都銀を巻き込み、1969年に「ユニオンクレジット(UC)」を創立。

最後発でありながら、既存の4社をごぼう抜きにして、あっという間にJCBに次ぐポジションを築き上げたのです。

1980年に訪れた一大転機

1975年ごろまで、海外渡航者には短期(1ヶ月、3ヶ月、半年など)の海外旅行カードを有料発行するのが通常でした。

この続きを見るには
(2283文字 画像4枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
無料会員登録していただくと、月に3本までの有料記事を読むことができます。
連載シリーズ(全20回)
  1. VISAやAMEXはどうやって確立された?米国クレジットカード産業の始まり
  2. AMEXはVISA等と何が違ったのか?米国クレジットカード産業の発展
  3. ATMがデビットカード登場につながった?最盛期を迎えた米国クレジットカード産業
  4. VisaやAMEXから銀聯まで!世界のクレジットカード統計の「今」をまとめる
  5. 伊予商人から日本信販(JCB生みの親)まで!国内クレジット産業の始まり
  6. 割賦販売法によるシフトで競争激化!国内クレジット産業で起こった独自の成長とは
  7. 国内クレジットカードはなぜ海外ブランドに飲み込まれた?1980年の一大転機とは
  8. 日本の決済サービスはどう使われている?クレカ・デビット・電子マネーの統計まとめ
  9. オンライン決済の代表格!ハネっかえり共が立ち上げた「PayPal」の歴史(前編)
  10. オンライン決済の代表格!ハネっかえり共が立ち上げた「PayPal」の歴史(後編)
  11. 20歳前後で創業!アイルランドの田舎出身で世界的決済サービス「Stripe」を作った「コリソン兄弟」
  12. インド3億人が利用!ソフトバンクも投資した決済サービス「Paytm」ビジャイ・シャルマ(前編)
  13. アリババ・アリペイのアドバイスで加速!インドの決済サービス「Paytm」創業者ビジャイ氏(後編)
  14. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史①
  15. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史②
  16. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史③
  17. 国内最強の決済サービス「Suica」普及の歴史④
  18. 「アリペイ」の歴史①
  19. 「アリペイ」の歴史②
  20. 「アリペイ」の歴史③