利益率は悪化したが823億円ものキャッシュを保有するグリーの事業数値をおう!

2017年10月05日 18:21

今回は、スマホゲームを展開するグリーを見ていきたいと思います。

例によって、ざっくりを歴史を振り返ります。

グリーの歴史

2004年2月、創業者の田中 良和氏が「GREE」を開発。当初はソーシャル・ネットワーキング・サービスとしての側面が強かったそうです。

2005年6月にはモバイル向けSNSを提供開始すると、2006年7月にはKDDIと資本提携。

2007年には世界で初めてのモバイルソーシャルゲーム「釣り★スタ」を公開します。

ゲーム事業のヒットによって成長を加速すると、2008年にマザーズ上場。

業績の推移

それでは事業数値を見ていきます。まずは全体業績の推移です。

2008年6月期から、2012年6月期までの4年で売上は29億円から1582億円へとまさに爆発的に成長しています。

営業利益率も50%前後と、かなり高い水準にありました。


この続きを見るには
(1598文字 画像10枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード