名刺管理アプリ「People」400万ユーザー!「ウォンテッドリー」3Q19決算

名刺管理アプリ「People」400万ユーザー!「ウォンテッドリー」3Q19決算

ビジネスSNSを展開する「ウォンテッドリー」(証券番号:3991)が3Q19決算を発表しました。

広告費は2,500万円減少も30%増収を達成

今四半期の売上は7.6億円、営業利益は1.4億円となりました。営業利益は前年の2倍、さらに3か月で5,000万円も増加しています。

販売管理費の内訳を確認すると、前四半期から、広告費が2,500万円減少したことが大幅な利益増加につながっていたようです。

広告費を削減しながら30%増収を達成したWantedlyの気になる最新KPIを追いかけていきましょう。

契約スタートアップの急成長を取り込む?基本プランが34%増収

増収要因を把握するためビジネスモデルをおさらいしておくと、ウォンテッドリーの提供する「Visit」は人材を採用したい企業から利用料を受け取ることで収益化しています。

この続きを見るには
(2218文字 画像15枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
売上は100億円を突破!「Sansan」が上場後初の決算を発表

売上は100億円を突破!「Sansan」が上場後初の決算を発表

2019年07月15日 20:00

今回は、上場後初の決算を迎えた名刺管理SaaS企業「Sansan」(証券コード : 4443) を取り上げます。

Sansanの事業を確認しておくと、法人向けにクラウドで名刺を管理する「Sansan」と、同じく名刺管理を個人向けに提供するアプリの「Eight」が存在します。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード