「Amazon」2Q19決算:成長回復の鍵を握るポイントは?

「Amazon」2Q19決算:成長回復の鍵を握るポイントは?

先日のプライムデーも盛況だった「Amazon」(ティッカーシンボル:AMZN)が2019年2Q決算を発表。売上成長は前年比+19.9%となりました。

四半期売上は634億ドル(+19.9%)、営業利益は30.8億ドルで前年とほぼ変わらず。営業利益率は5四半期ぶりに5%を下回りました

減益の要因を探るため、地域別業績を確認してみます。

引き続き利益の大部分を稼ぐのはAWS。今四半期はこれまで右肩上がりに利益を積み上げてきたアメリカ事業が▲7億ドルも減益しています。一体何が起きたのでしょうか。

「翌日無料配送」スタートで物販好調も配送コストが増加

この続きを見るには
(2242文字 画像14枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
「JD(京東集団)」2Q19決算:創業セール効果で+22%増収に再加速!

「JD(京東集団)」2Q19決算:創業セール効果で+22%増収に再加速!

中国最大級のEコマース企業「JD.com」(ティッカーシンボル:JD)が2019年2Q決算を発表しました。最近は主力の物販事業で成長に陰りが見えていましたが、今四半期の業績はどうだったのでしょうか?

シェア/お気に入り
資料をダウンロード