日産が従業員1.25万人削減へ 今朝のニュース10選

日産が従業員1.25万人削減へ 今朝のニュース10選

2019年07月26日 07:00

今朝チェックしておきたい注目ニュース10本を300文字程度でお届けします。

日産が1.25万人削減 全従業員の約1割

日産自動車は25日、2020年3月期1Q決算を発表。四半期売上は2.4兆円(▲12.7%)、営業利益は16.1億円(▲98.5%)と前年比で大幅な業績悪化となりました。

販売台数は主力の北米市場が45.2万台(▲6.3%)、ヨーロッパが13.5万台(▲16.3%)と苦戦し、全体としては▲6.0%減の123.1万台に下振れしました。また、自動運転などのR&D費用増加が利益を圧迫しています。

「厳しい結果」(西川広人社長)を受け、日産は従業員1.25万人(全体の1割弱)を削減するなど構造改革に着手へ。規模縮小に伴って2022年度までの中期経営計画を下方修正し、これまで目標としていた売上高を16.5兆円から14.5兆円に、営業利益率8%を6%に引き下げました。

元会長・ゴーン氏の去った日産がどのように改革を進めていくのか、西川社長の舵取りに注目が集まります。

ソフトバンク「SVF2号」にマイクロソフトが出資の可能性

Microsoftが2つ目の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」(SVF)に出資する可能性がある、とウォール・ストリート・ジャーナルが報じました

この続きを見るには
(2725文字 画像5枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード