制裁金の影響で22%減益の「Facebook」など!注目の海外決算6社

制裁金の影響で22%減益の「Facebook」など!注目の海外決算6社

今週のデイリーニュース特別編では、今週発表された注目決算をまとめてお届けします。7月も後半に入って海外決算は佳境に。押さえておきたい6社をピックアップしました。

Facebook:制裁金で減益も+28%増収

まずはGAFAの一角である「Facebook」(ティッカーシンボル:FB)から。最近では仮想通貨「リブラ」を発表して世界に衝撃を与えました。

四半期売上は169億ドル(+28%)で、全体の98%が広告収入となっています。FTCからの制裁金が影響して営業利益は前年から減少しました。

 DAUは前年同期比から約1.2億人も増加し、2Q19は約16億人に。世界人口の約20%が利用していることになります。

ARPU(売上/DAU)では、10.6ドル(前年同期比+16%)に再上昇しました。ARPUが最も高いのはUS&Canadaで32.6ドル(前年同期比+28%)と成長を牽引しました。

Alphabet:クラウド事業は通期で80億ドルを見込む

続いて、こちらもたびたび制裁金を受けているGoogleの親会社「Alphabet」(ティッカーシンボル:GOOGL)です。

この続きを見るには
(2457文字 画像11枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
売上成長率が10%台に低下「Google」2019年1Q決算

売上成長率が10%台に低下「Google」2019年1Q決算

Googleの親会社「Alphabet」が2019年1Q決算を発表しました。

時間外に株価が10%上昇「Snap」2019年12月期1Q決算

時間外に株価が10%上昇「Snap」2019年12月期1Q決算

2019年04月24日 09:30

消えるメッセージングアプリ「Snapchat」を提供する「Snap」(ティッカー:SNAP)が2019年12月期1Q決算を発表しました。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード