全世界の医師を囲い込む「エムスリー」など!国内インターネット企業10社最新決算

全世界の医師を囲い込む「エムスリー」など!国内インターネット企業10社最新決算

2019年08月04日 07:00

今週のデイリーニュース特別編では、注目の国内インターネット企業10社最新決算をまとめてお届けします。

エムスリー:全世界の医師の約50%がサービスを利用

1社目は、医療従事者向け情報サイト「m3.com」を運営する「エムスリー」(証券番号:2413)です。

1Q20の売上は過去最高の308億円(+14.5%)、営業利益は89億円(営業利益率29%)です。

セグメント別で見てみると、主力事業である「m3.com」を含むメディカルプラットフォーム事業が+18.5%増の96億円で収益を支えています。

また、海外事業も15%増の69億円に。会員278万人の中国「Medive」や韓国「MEDIGATE」などが成長ドライバーとなりました。会員数は7月時点550万人以上となり、全世界の医師数が1,200万人なので、世界の医師のおよそ半分がエムスリーのサービスを利用していることになります。

MonotaRO:広告強化・効率化により口座登録数が増加、コストも縮小 

2社目は、工場用間接資材の通信販売を行っている「MonotaRO」(証券番号:3064)です。

この続きを見るには
(2335文字 画像9枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

Stockclipサポート会員登録
または
無料会員登録していただくと、月に3本までの有料記事を読むことができます。

なぜエムスリーは高い収益性を保ったまま売上を大きく成長させ続けることができるのか?

2017年10月16日 14:15

今回は、インターネット企業の中でも医療分野に特化するエムスリーについて調べます。

始まりは2000年9月で、ソネット・エムスリーとして設立され、10月から「MR君」の提供を開始。