内閣府がフリーランス人口を初めて推計!押さえておきたい注目データ5選

内閣府がフリーランス人口を初めて推計!押さえておきたい注目データ5選

2019年08月11日 07:00

今週のデイリーニュース特別編では、最近公表されたデータの中から押さえておきたい数値を編集部が5つピックアップしてお届けします。

内閣府が日本のフリーランス人口を最大341万人と推計

内閣府は7月、フリーランスに関する初の調査レポートを公表しました。まず最初にチェックしたいのが、これまでも統計調査が行なわれてきた自営業に関するデータです。

農林漁業や製造業の減少により、自営業の総数はここ30年で▲42%も減少しました。一方で、コンサルタントといった「雇用的自営」や会計士など「士業」の割合が増加していることが特徴です。

特定の発注者に依存する「雇用的自営」は"本業としてのフリーランス"に近いとも言え、日本の雇用環境が変化してきていると言及されています。

しかし、日本では「フリーランス」の公的統計は存在せず、内閣府は今回アンケート調査を実施して人数を推計しました。

推計のMAX値である341万人は個人事業主だけでなく、法人を設立した1人社長も含まれます。341万人は就業者人口6,000万人に対して5%ほどで、うち112万人が副業と見られています。ランサーズはスポット業務もフリーランスに含めているため1,090万人と数字が大きくなっています。

クラウドソーシング・プラットフォーム「Upwork」が発表したアメリカのフリーランス人口は5,670万人。最近NASDAQに上場した「Fiverr」で仕事を発注する「バイヤー数」は全世界で210万人にのぼります。 日本でも「クラウドワークス」や「ココナラ」が登場。労働人口の減少に直面する中、日本でもアメリカを追うように「ギグ・エコノミー」が勃興つつあります。

参考

・内閣府「日本のフリーランスについて」

・ランサーズ「フリーランス実態調査 2018年版」

・Upwork「Freelancing in America 2018」

合わせて読みたい

フリーランサー売上の76%がアメリカ国外!世界規模でのクラウドソーシング「Upwork」が新規上場

案件は5ドルから!イスラエル発のクラウドソーシングサイト「Fiverr」が上場申請

eSIM内蔵デバイス、2025年には20億台規模に達する試算

調査会社「カウンターポイント」は、eSIMを採用したデバイスが2025年には20億台規模に達するだろうという試算を発表しました

この続きを見るには
(3037文字 画像16枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
「クラウドワークス」3Q19決算 : 営業利益は通期で黒字化の見込み

「クラウドワークス」3Q19決算 : 営業利益は通期で黒字化の見込み

日本最大級のクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」(証券コード : 3900)が2019年3Q決算を発表しました。

クラウドワークスの事業をおさらいしておくと、フリーランスと企業のマッチングサービスとして「クラウドワークス」と「クラウドテック」の2事業を提供しています。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード