「ソフトバンクグループ」1Q20決算:アリババ株売却で四半期の純利益1兆円!

「ソフトバンクグループ」1Q20決算:アリババ株売却で四半期の純利益1兆円!

AI革命の指揮者を務める「ソフトバンクグループ」(証券コード:9984)の2020年3月期1Q決算が発表されました

まずはグループ全体の業績推移を確認します。

四半期売上は2.34兆円(+3%)と微増、営業利益は6,888億円(営業利益率29.5%)でわずかに減少しました。

今四半期に大きな注目を浴びたのは純利益の変動です。

ソフトバンクはなんと過去最高となる純利益1.18兆円を計上。なぜこれほどまでに急増したのか、決算短信を探ってみます。

ソフトバンクGは今四半期、保有するアリババ株を売却。持ち株比率は約29%から26%に低下しましたが、引き続き筆頭株主のままです

Tモバイルとの合併承認で、スプリントは次四半期から連結決算の対象外に

続いてセグメント別業績を確認していきます。

この続きを見るには
(1710文字 画像12枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード