鹿島アントラーズを買収!GMV5000億円に達した「メルカリ」2019年通期決算

鹿島アントラーズを買収!GMV5000億円に達した「メルカリ」2019年通期決算

本日、メルカリの2019年6月期の通期決算が発表されました。(決算説明資料

メルカリ全体のGMVを見てみると、2019年のGMVは5,307億円に(YoY+43.2%)。通期売上は516億円、営業損失は▲121億円に拡大しました。

損失も拡大していますが、売上成長率は44.5%とこの規模になっても依然として高い成長率を維持しています。

続いて四半期の業績もチェックしてみます。

2019年の四半期売上は143億円(YoY+48.7%)、営業利益は▲61億円。今までの四半期の中で最も大きな損失を出しています。

今期、決済事業『メルペイ』への投資だけでなく、サッカークラブ『鹿島アントラーズ』の経営権も取得したメルカリ。今回の決算では具体的にどんな発表があったのでしょうか。

メルカリ国内:GMV4,902億円、メルペイ登録者200万人に

まずはメルカリの国内事業から。

この続きを見るには
(1808文字 画像14枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード