アメリカvs中国で世界株安の動き 今朝の厳選ニュース10本

アメリカvs中国で世界株安の動き 今朝の厳選ニュース10本

2019年08月07日 07:00

Stockclip編集部が今朝チェックしておきたい注目ニュース10本を厳選。300字程度でコンパクトにお届けします。

アメリカが中国を「為替操作国」に指定 対立激化へ

アメリカ財務省は現地時間5日、中国を「為替操作国」に指定したと発表しました。

「為替操作国」とは、"貿易で有利になるよう意図的に通貨を切り下げている(自国通貨安に誘導している)"としてアメリカが一方的に認定した国を指します。認定条件は3つ。

1. 貿易収支:対米貿易黒字が年間200億ドル以上
2. 経常収支:経常黒字がGDP比2%以上
3. 一方的な為替介入:為替介入による外貨購入が1年で6カ月以上、かつ、GDP比2%以上

米アメリカが為替操作国を指定するのは1994年(クリントン政権時)に中国を認定して以来25年ぶりです。

ムニューシン財務長官は声明で「中国の通貨切り下げの目的は、国際貿易で不公正な競争優位を得るためだ」と指摘し、G20参加国による「競争的な通貨切り下げの自制」の約束にも違反していると批判しました。対立激化の懸念から各国市場は同時株安の動きNYダウは2019年最大の下落幅となる▲767ドル安となりました。

「フロムスクラッチ」が100億円を調達

企業向け販売促進データ分析サービスを提供する「フロムスクラッチ」は米投資ファンド大手「KKR」や「ゴールドマン・サックス」などから約100億円調達しました。推定評価額は311億円といわれています

この続きを見るには
(2740文字 画像6枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード