ワープロ『一太郎』依存からの脱却!「ジャストシステム」売上6年で2倍の原動力とは

ワープロ『一太郎』依存からの脱却!「ジャストシステム」売上6年で2倍の原動力とは

2019年09月27日 20:00

ワープロソフト『一太郎』の名を耳にしたことがある方も多いのではないのでしょうか。

1979年に徳島県で創業した「ジャストシステム」は、日本語処理システム『KTIS』を開発。そして、1985年に『一太郎』の発売を開始しました。1991年にシリーズ出荷累計100万本、1997年には1,000万本を突破し、株式公開も果たして上場企業に。2015年に発売30周年を迎えました

しかし現在、PCで文書作成といって思い浮かぶのは別のサービスかもしれません。

『Microsoft Word』の登場、そして『Googleドキュメント』の普及で、『一太郎』はすっかり影を潜めてしまったような印象を受けます。

そんなジャストシステムの業績はどのように推移しているのでしょうか?

2012年にかけて停滞していた業績は現在、右肩上がりに拡大中。19/3期の売上は286億円と、ここ6年で2倍に拡大しています。

日本の老舗ソフトウェア企業は一体どのようにして変革を遂げたのでしょうか?

40億円もの営業赤字を計上し、2009年にキーエンスが救済

ジャストシステムの原点は日本語処理の研究開発力にあります。

この続きを見るには
(2112文字 画像14枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード