「オイシックス・ラ・大地」1Q20決算:主力のOisix好調!他事業は立て直し中

「オイシックス・ラ・大地」1Q20決算:主力のOisix好調!他事業は立て直し中

「Oisix」「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」の3ブランドを展開する、食材デリバリー企業「オイシックス・ラ・大地」(証券コード:3182)が2020年1Q決算を発表しました。

YoYで50%以上を維持していた売上成長は鈍化

これまで「らでぃっしゅぼーや」の買収など、売上成長が続いていたオイシックスですが、今期はどうでしょうか。

1Q20の売上は163億円、営業利益は5.4億円。前年同期(1Q19)の売上169億円、営業利益6.1円と比較すると、減収・減益となっています。

しかしFY19年度の業績は2018年に買収した「らでぃっしゅぼーや」の決算期変更に伴い、同事業のみ13ヶ月分の業績を計上していました。

その影響を考慮した実績値で比較すると売上で6.4%増、営業利益は横ばいでの推移となります。

これまで売上成長率はYoYで50%以上と、高い増加率を維持していました。しかし1Q20は▲3.5%(実質値で計算すると6.4%)と、成長が鈍化した感じがあります。

具体的にどの事業が売上成長の鈍化に影響したのでしょうか。

この続きを見るには
(2830文字 画像16枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方
営業利益が前期比プラス160%の「オイシックス・ラ・大地」2019年3月期本決算

営業利益が前期比プラス160%の「オイシックス・ラ・大地」2019年3月期本決算

「Oisix」「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」の3ブランドを展開している、食材デリバリー企業「オイシックス・ラ・大地」(証券コード:3182)の2019年3月期本決算が発表されました。

自宅にミシュラン星付きレストラン出身シェフのレシピと食材を配達!わずか3年で2200億円ビジネスを作った「Blue Apron」

2018年07月07日 18:00

「Blue Apron」は、アメリカのニューヨークを拠点とする企業。

2012年に設立され、その36ヶ月後には米Business Insider誌の「NYテックで最も影響力のある企業ランキング」で4位に選ばれ、2200億円の価値があると評価されました。