eギフトサービス「ギフティ」が新規上場 高成長・高収益で想定時価総額310億円か

eギフトサービス「ギフティ」が新規上場 高成長・高収益で想定時価総額310億円か

先日のChatworkに続いて、今日は「ギフティ」の新規上場が承認されました。

ギフティは2010年8月に設立され、2011年3月よりカジュアルギフトサービス『giftee』をスタート。

2016年4月には法人向けeギフト販売サービス『giftee for Business』を開始するなど、事業の幅を広げています。

ギフティの業績は、2015年から急速な拡大をはじめ、2017年から2018年にかけては売上が2倍以上に拡大。

2019年も上半期だけで売上8.7億円へと成長し、経常利益は3.1億円にまで達しています。

新たに上場する企業として、ここまでの高成長と高収益を両立している企業は珍しい。

今回は、ギフティがどのような事業を展開しているのか、公表された資料を中心に整理してみたいと思います。

『giftee』サービスは会員120万人に伸長

ギフティの主な事業は、大きく4つから構成されています。

この続きを見るには
(1968文字 画像8枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方