ジョージ・ソロスの半生④財団での活動とライフワーク「再帰性理論」

ジョージ・ソロスの半生④財団での活動とライフワーク「再帰性理論」

2019年09月02日 12:00

クォンタム・ファンドで大きな成果をあげていた1980年前後、ファンド規模は1億ドル規模に成長し、ジョージ・ソロスの個人資産も2500万ドルに達しました。

今(純資産80億ドル)からすると控え目にも感じますが、「お金はもう十分」と感じたソロスは、慈善活動をスタートしたのです。

「開かれた社会」の実現が人生のテーマ

実際のところ、ソロスにとって本当に重要だったのは、若い頃に出会った「開かれた社会」の実現です。

この続きを見るには
(3021文字 画像5枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方