3分でわかる「国内リユース5社」決算まとめ

3分でわかる「国内リユース5社」決算まとめ

メルカリをはじめ、市場全体が拡大を続ける中で新しいプレイヤーが続々参入する国内リユース市場。そんな国内リユース市場を代表する5社の四半期決算推移をまとめてみました。

まず売上高の推移を見てみましょう。

ゲオとメルカリの売上が増加しており、リユース市場全体としては拡大傾向なのがわかります。また、売上1位のゲオが639億円で、2位のブックオフの208億円を大きく突き放しています。 

加えて、この中だとやはりメルカリの伸びが目立ちます。メルカリの今四半期売上は143億円で、前年同期比49%増。2018年6月に上場してからも圧倒的な売上成長率を維持しています。

営業利益に目を移すと、メルカリが四半期で営業損失▲61億円を計上しています。国内のメルカリ事業は6億円の営業利益を出しており、メルペイやUS事業への投資拡大が顕著に表れています。

各社とも季節性があり閑散期には営業損失を計上することもありますが、ゲオに関しては4月〜6月期でも10億円以上の営業利益を稼ぎ出しています。

それでは個別の企業の業績を見ていきましょう。

メルカリ:国内・US事業ともにGMVが大幅増

この続きを見るには
(1717文字 画像7枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
国内の中古書籍トップシェア「ブックオフホールディングス」

国内の中古書籍トップシェア「ブックオフホールディングス」

今回はゲオに引き続いて中古品販売事業を行う『ブックオフホールディングス』を見ていきたいと思います。

ブックオフは1990年に創業者である坂本孝氏によって創業されました。坂本氏は1940年に山梨県に誕生し、1963年には慶應義塾大学を卒業。卒業当時は大手広告代理店に内定をもらっていましたが、結局父が経営していた精麦会社に入社することになります。

メルカリ・Netflixがあるのに増収を続ける「ゲオホールディングス」

メルカリ・Netflixがあるのに増収を続ける「ゲオホールディングス」

4月8日に『ゲオホールディングス』は福岡の中古のブランド品リユース「おお蔵」の買収を発表しました。今回は、買収を発表した国内レンタルDVD大手の『ゲオホールディングス』をまとめていきたいと思います。

ゲオや2nd STREETを運営する「ゲオホールディングス」

シェア/お気に入り
資料をダウンロード