ID管理SaaS「HENNGE」が新規上場:顧客1176社、月次解約率0.13%

ID管理SaaS「HENNGE」が新規上場:顧客1176社、月次解約率0.13%

9月2日、急成長中の国内SaaS企業「HENNGE」のマザーズ上場が承認されました

HENNGEの創業はインターネット黎明期までさかのぼります。創業者・小椋一宏氏は6歳のときにN80-BASICによるプログラミングを習得したITボーイで、1994年に一橋大学へ入学するもすぐさまテクノロジーの世界へ。某研究所でのアルバイトを経て、1996年に前身となる「ホライズン・デジタル・エンタープライズ」を立ち上げました。

設立の翌年には副社長である宮本和明氏が参画し、Linuxサーバー管理ツールやなどを開発。2000年代後半にはクラウド技術を社内に導入し、メール配信サービスなどの販売を開始します。SaaSビジネスを展開する先駆的な存在として国内市場をリードしてきました。

18/9期の売上は28.3億円に。今期は3Q時点で25.2億円まで拡大しており、通期で30億円を突破する見込みです

SaaS企業の場合は赤字上場もめずらしくありませんが、HENNGEはすでに黒字化を達成。堅調に業績を伸ばす彼らの詳しいサービス内容と事業数値に迫ってみましょう。

IDaaS「HENNGE One」は顧客数1,176社、国内シェア65.4%

HENNGEの中核プロダクトはいわゆる「IDaaS」と呼ばれるものです。

この続きを見るには
(1691文字 画像12枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または

Salesforce出身の二人が創業!クラウド戦国時代の中で「入り口」を押さえるID管理SaaS「Okta」

2018年04月11日 18:42

今回は、アメリカのSaaS企業「Okta」についてまとめます。

Oktaは、「シングル・サイン・オン(SSO)」や「多要素認証(MFA)」など、企業向けに認証システムをクラウドベースで提供しています。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード