アルゼンチン財政問題まとめ(後編)2001年から繰り返されるデフォルトの日々

アルゼンチン財政問題まとめ(後編)2001年から繰り返されるデフォルトの日々

2019年09月08日 12:00

前編からの続き)

2001年にアルゼンチン政府はデフォルト(債務不履行)を宣言。

しかし、新世紀になっても、アルゼンチン経済は安定とは程遠いものでした。

デフォルトから立ち直るために、まずは1ドル=1ペソという固定相場制を廃止し、変動相場制に移行。

アルゼンチン・ペソは切り下げられ、貿易収支が改善。当初は順調な経済回復を見せました。

しかし、2008年に世界的な金融危機が起こると、再び経済が不安定化します。

この続きを見るには
(3319文字 画像5枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方