売上成長率58%も株価は急落!?「Slack」2020年2Q決算

売上成長率58%も株価は急落!?「Slack」2020年2Q決算

コミュニケーションツールを提供する「Slack」の2020年2Q決算が発表されました。(決算説明資料

2019年7月期の売上は1.45億ドル、営業損失は▲3.64億ドルとなりました。売上成長率は57.5%と、これほどの売上規模になっても高い成長率を維持しています。

引き続き高い成長を維持するSlackですが、決算発表後に株価は急落。時間外でSlack(ティッカシンボル:WORK)の株価は14%も下落しました。

それでは今回の決算では一体どのようなことが発表されたのでしょうか。

10万ドル以上の大口顧客が全体を牽引

今回の決算で発表されたSlackの事業数値について見ていきます。まずはSlackの有料課金顧客数から。

この続きを見るには
(1684文字 画像13枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方