今週のスタートアップ調達ニュース(国内編)12億円調達「人口流れ星」など

今週のスタートアップ調達ニュース(国内編)12億円調達「人口流れ星」など

2019年09月07日 07:00

Stockclipが定期的にお届けする「スタートアップ資金調達ニュース」。今回は、8月30日(金)から9月5日(木)までに資金調達を発表した国内スタートアップを紹介します。

ALE:「人工流れ星」などの宇宙エンターテインメント事業を展開

9月5日、宇宙スタートアップ「ALE」はシリーズAで総額12億円(累計28億円)の資金調達を行なったことを発表しました。リード投資家にはFacebookにも投資した香港の大富豪リ・カシン傘下の「Holizons Ventures」を迎えています。

ALEはゴールドマン・サックス出身の岡島礼奈氏が2011年に設立。宇宙エンターテインメント・小型人工衛星・天体観測分析などの宇宙関連サービスを展開し、人口流れ星事業を2020年から事業化する予定です。

ALE_Astro Live Experiences from ALE_Astro Live Experiences on Vimeo.

今回の資金は人工流れ星事業「Sky Canvas」や、人工流れ星が大気圏突入の際に観測するデータを用いた「スペースデブリ対策」事業などに投じられます。

● 調達額:12億円
● ラウンド:シリーズA
● 主な投資家:Holizons Ventures, スパークスグループ、QBキャピタル、新生企業投資等
● プレスリリース:リンク

ホロラボ:ソフトバンクと協業するMRスタートアップ

この続きを見るには
(3812文字 画像9枚)

無料会員に登録すると、月に3本までの有料記事を読むことができます。

または
すでにアカウントをお持ちの方