【2016年3月期】オムロンの業績

2017年04月28日 12:33

2016年3月期の売上高は8336億円、営業利益623億円。事業セグメントと概要は以下の通り。

インダストリアルオートメーションビジネス(IAB)

製造業の顧客に対し、センシング技術とコントロール技術を活用したオートメーション機器やサービスにより、ものづくり支援を提供。

エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツビジネス(EMC)

主に業務民生用機器、車載機器、環境・エネルギー機器、産業機器やモバイル機器に内蔵する制御コンポーネントを提供。

オートモーティブエレクトロニックコンポーネンツビジネス(AEC)

自動車・電装品メーカーに対し、車載用電装品に特化した設計・生産・販売活動を展開。

ソーシアルシステムズ・ソリューション&サービス・ビジネス(SSB)

センシング&コントロール技術やソフトウェア、メンテナンスのサービスによるソリューションを提供。

ヘルスケアビジネス(HCB)

家庭用から医療機器まで、生活習慣病などの予防・改善などに役立つ商品やサービスを提供。

その他

事業の育成・強化などを目的とした事業。


連結従業員数の内訳

連結従業員37709人のうち、9634名がIAB(インダストリアルオートメーションビジネス)、8679人がEMC(エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツビジネス)に従事。


セグメント別売上高

売上高8336億円のうち、IABが3336億円、EMCが1037億円、AECが1400億円、SSBが775億円、ヘルスケアが1081億円を売り上げている。


地域ごとの売上高

売上高8336億円のうち、日本は3428億円で41%。米州は1310億円(15.7%)、欧州は1091億円(13%)、中華圏が1625億円(19.5%)を売り上げている。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード