IPO後に最も売上が伸びた企業は?〜2018年IPO企業編〜

IPO後に最も売上が伸びた企業は?〜2018年IPO企業編〜

今回のエントリでは、2018年にIPOを行った企業について、売上成長率を中心にまとめていきます。昨年、IPOを果たした企業のIPO後の業績パフォーマンスはどのように変化しているのでしょうか?

それではさっそく売上成長率のランキングから見ていきます。なお、テクニカル上場及びファンドの上場は除いています。

2018年にIPOを実施した企業の中で、最も売上成長率が高かったのは「and factory」。直近の通期売上成長率において、+178%という驚異的な売上成長を見せています。and factoryはストクリが定点観測を行っている企業であるので、詳しくはこちらをご覧ください。(企業紹介記事最新決算まとめ)

2番目の売上成長率を記録したのは「GA technologies」。前年比+111%と、こちらも驚異的な成長を見せています。

ここからは売上成長率上位10社に絞って、直近の四半期業績の推移について確認してみます。

10社の中で売上規模が最も大きいのはメルカリ。直近の4Q19(単体)の売上は143億円となっています。

メルカリの次に売上規模が大きいのはGA technologies。売上成長率だけでなく、売上規模で見ても、2番手につけています。

売上成長率トップ10社中6社は四半期ベースで売上が10億円未満の企業となっています。(売上の増加分が売上成長率に与える影響の度合いを考えれば、当たり前の結果ですが。)むしろ、メルカリやGA technologiesの伸びがかなりすごいと言えます。

なお、and factoryの18/7期の四半期売上が急増しているのは、自社不動産の販売による売上が計上されたためです。(詳細記事)

この続きを見るには
(1446文字 画像5枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
IPO後に最も時価総額が伸びた企業は?〜2018年IPO企業編〜

IPO後に最も時価総額が伸びた企業は?〜2018年IPO企業編〜

前回に引き続き、今回のエントリでは2018年にIPOを行った企業について、時価総額を中心にまとめていきます。高いリターンをもたらすイメージのあるIPO株ですが、実際、株式公開後以降、時価総額はどのように変化しているのでしょうか?

シェア/お気に入り
資料をダウンロード