意外と知らない?アップル・コンピュータの創業史(前編)

意外と知らない?アップル・コンピュータの創業史(前編)

2019年09月14日 12:00

今回取り上げるのは、Apple社の「創業史」です。

色々な場所で語られてきたので「今さら?」という部分もありますが、詳しく見ると知らないことも意外と多いものです。

Appleの歴史:4つのフェーズ

Appleの歴史を振り返ると、大きく次の4フェーズに分けられます。

第1フェーズは、創業から「Apple II」の成功まで(1976〜1980)。これによって1980年、Appleは株式公開を行い、成功企業の仲間入りを果たしました。

第2フェーズは、「Apple III」「リサ」「マッキントッシュ」が失敗し、ジョブズらが離脱、スカリーの退任という長期低迷期です(1981〜1997)。

第3フェーズは、ジョブズの復帰と再建、iPhoneの大ヒットまで(1997〜2011)。私たちが認識している「Apple」は、この時期に完成したと言っていいでしょう。

そして第4フェーズが、ジョブズの死後、ティム・クックによる経営時代(2011〜)です。カリスマを失って全盛期を終えるかに思われたAppleですが、一時は世界最大の時価総額になるなど、更なる躍進を遂げました。

今回フォーカスしたいのは、第1フェーズ「アップル・コンピュータの創業史」です。

語られ尽くした話題ではありますが、いつもスポットライトを当てられるのは、ジョブズ中心のドラマチックな面ばかり。

しかし実際には、当時のジョブズは年若く、技術もなかったため、圧倒的トップというわけでは決してありませんでした。

今回は、アップルの創業史について、資金繰りの苦労など、実務面にもフォーカスしてまとめたいと思います。

この続きを見るには
(2762文字 画像3枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード