中国インシュアテック「Huize」が新規上場:インフルエンサー活用で急成長

中国インシュアテック「Huize」が新規上場:インフルエンサー活用で急成長

2019年09月20日 20:00

中国のインシュアテック企業「Huize」(ティッカーシンボル:HUIZ)がNASDAQへ上場申請書類を提出しました(上場する市場は未定)。

創業者のCunjun Ma氏は中国平安保険の損保部門で約10年間のキャリアを積んだあと、「華安保険」を経て2006年に深センでHuizeを創業。保険商品をWeb上で仲介する「オンラインブローカー」として急成長を遂げています。

2016年にシリーズBでCDF Capitalなどから1,500万ドルの資金調達を実施。年間1,000万件以上もの保険契約を仲介する巨大プラットフォームに成長しました。

売上は倍々ゲームで増加しており、2018年は5億元(75億円)を突破して黒字化も達成しました。2019年は上半期時点で前年に匹敵するほど急速に業績を拡大しています。

フィンテック領域においてもアリババやテンセントの支配が加速する中、Huizeは独立系サービスとしてどのようにユーザーを獲得しているのでしょうか。Form F-1から全体像を探っていきます。

「Huize.com」を通じた保険加入者数は年間1,300万人以上

Huizeのメインサービスは自社サイト「Huize.com」の運営です。

この続きを見るには
(1688文字 画像14枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または

ヘルスケアECの拡大で売上6倍!中国平安保険グループ傘下のオンライン医療アプリ「平安グッドドクター」

保険会社で世界最大級の時価総額を持つ中国平安保険。

その傘下でオンライン医療アプリ「平安(ピンアン)グッドドクター」(中国名:平安好医生)を運営する平安健康医療が、今年5/4に時価総額74億ドルという大型の新規上場を香港で果たしました。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード