帝国マイクロソフトを作り上げたビル・ゲイツの半生⑤IBMとの協業で波に乗る

帝国マイクロソフトを作り上げたビル・ゲイツの半生⑤IBMとの協業で波に乗る

2019年10月28日 12:00

前回の続き)

初期のマイクロソフトは、人気の言語「BASIC」をマイクロコンピュータ向けに実装し、大小コンピュータメーカーとの契約を勝ち取った。

事業が拡大すると、ビル・ゲイツやポール・アレンは、アルバカーキからベイエリアへの移転について考えはじめた。

アルバカーキのような田舎で人材を集めることは難しい。アップルはじめハイテク産業の人と資本が集まるシリコンバレーに、マイクロソフトも移転することを検討したのである。

一方、ポール・アレンは故郷シアトルに帰りたがっていた。アルバカーキは砂漠地帯であり、自然豊かなシアトルに恋い焦がれていた。

移転先をベイエリアにするかシアトルにするか、何ヶ月も話し合う中、アレンはゲイツの両親に、シアトルに移すよう息子を説得するように頼んでいた。

結果として、1978年末にマイクロソフトはシアトルに移転することが決定。移転の際、ゲイツはアルバカーキからシアトルに向かってポルシェを時速100マイル以上で走らせ、スピード違反で2回切符を切られた。

OS事業への参入

この続きを見るには
(2808文字 画像3枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード