帝国マイクロソフトを作り上げたビル・ゲイツの半生⑥MS-DOSの成功

帝国マイクロソフトを作り上げたビル・ゲイツの半生⑥MS-DOSの成功

2019年11月12日 12:00

前回の続き)

1981年、IBMはマイクロソフトの協力を得て、「IBM-PC」を発表した。

それまでもマイクロソフトは、毎年売上を前年の2倍以上に拡大してきたが、1981年の売上は約1600万ドルにまで成長。

ここでビル・ゲイツは、会社形態をパートナーシップ型から、株式会社へと変更した。資金は余るほどあったが、ベンチャー投資家からの資本も受け入れた。いずれ会社を株式公開することを考えての選択だった。

デジタル・リサーチの撃退

プログラミング言語「BASIC」の成功により、「標準を勝ち取る」ことが、莫大な利益に結びつくことをゲイツは肌で理解していた。

言語に続いてゲイツが狙いを定めたのが、マイクロコンピュータ向けのオペレーティングシステムである。

この続きを見るには
(3118文字 画像4枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード