すでに40兆円市場!勃興する宇宙産業まとめ(注目スタートアップ編)

すでに40兆円市場!勃興する宇宙産業まとめ(注目スタートアップ編)

2019年10月08日 12:00

40兆円市場に達した宇宙産業では、衛星以外の産業が今後の市場拡大を牽引すると見られています。

NTTデータ研究所の試算では、2050年に宇宙ビジネスは200兆円に到達する見込み。B2Cサービスや観測分野、そして非衛星事業など「波及的産業」が爆発的に成長すると予想されています。

有人飛行からスペースデブリ除去といった「製造・インフラ」から、ビッグデータ処理などの「サービス」に至るまで、事業領域は多岐にわたります。

今回は宇宙ビジネスを牽引する国内外の注目スタートアップをピックアップします。

製造領域:マスクやベゾスのロケットが盛り上げる

立ち上がったばかりの宇宙ビジネスではインフラ構築が喫緊の課題となっています。

この続きを見るには
(2395文字 画像12枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
実は宇宙事業がメイン 総務省の大型案件を受注した「スカパーJSATホールディングス」

実は宇宙事業がメイン 総務省の大型案件を受注した「スカパーJSATホールディングス」

今回はスカパーJSATホールディングス(証券番号:9412)について見ていきたいと思います。みなさんスカパーといえばテレビ番組を提供している会社というイメージだと思いますが、実は利益を稼いでいるのは宇宙事業がメインです。

まず沿革から見ていきます。

シェア/お気に入り
資料をダウンロード