上場時の時価総額が最も高かったIPO銘柄はどれだ!?〜2019年IPO企業(後編)〜

上場時の時価総額が最も高かったIPO銘柄はどれだ!?〜2019年IPO企業(後編)〜

前編に引き続き、後編でも2019年のこれまでのIPOの概況とまだ取り上げていない企業についてまとめていきます。

まずは月別の新規上場企業数の推移から。

これまでで最も新規上場数が多かった月は3月で、17社が新たに新規上場を果たしています。3月に新規上場を行った企業としては、AWSの課金代行を行うサーバーワークスや投資家向けメディア『みんなの株式』を運営するミンカブ・ジ・インフォノイドなどが挙げられます。

続いて、上場日の初値時点での時価総額について。

上場日の初値時点での時価総額が最も大きかったのは今年6月に新規上場を果たしたSansanSansanの初値時点の時価総額は1,425億円と、2番目に大きかった日本国土開発の613億円を2倍以上上回っています。

続いて、新規上場企業の売上規模について。

この続きを見るには
(3224文字 画像16枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
IPO後に最も時価総額が伸びた企業は?〜2018年IPO企業編〜

IPO後に最も時価総額が伸びた企業は?〜2018年IPO企業編〜

前回に引き続き、今回のエントリでは2018年にIPOを行った企業について、時価総額を中心にまとめていきます。高いリターンをもたらすイメージのあるIPO株ですが、実際、株式公開後以降、時価総額はどのように変化しているのでしょうか?

シェア/お気に入り
資料をダウンロード