OYO創業者が自社株を信用買い!昨日の経済ニュース5本を図解

OYO創業者が自社株を信用買い!昨日の経済ニュース5本を図解

2019年10月09日 07:00

おはようございます!

WeWorkのアダム・ニューマンがCEOから降ろされた一方、OYOのリテシュ・アガラワルは20億ドルを投じて株式持分を増やそうとしています。

欧米進出を本格化しようとしているOYO、野心的な25歳はアメリカでも成功することができるのでしょうか。

OYOが15億ドルを調達して「デカコーン」に

インドや中国を中心にホテルのフランチャイズ展開を行う「OYO」は、評価額100億ドルで新たに15億ドルを調達しました。

出資したのはソフトバンクグループのほか、創業者リテシュ・アガラワル氏が7億ドル。

リテシュ氏は今年7月、総額20億ドルを出資して、株式持分を10%から30%まで拡大することを宣言しました。「みずほ」「野村」の両グループが資金を援助し、自ら創業した会社の株式を「信用買い」するような形です。

今回のラウンドでリテシュ氏は7億ドルを出資。さらに彼は、セコイア・キャピタルやライトスピード・ベンチャーズなど既存VCから持分を買い取ることになっています。

参考:India Startup Oyo Raises $1.5 Billion at $10 Billion Valuation

2018年、世間を騒がせた『漫画村』

2018年頃に世の中を騒がせた海賊版サイト、『漫画村』運営の裏側が明らかになりつつあります。

この続きを見るには
(1567文字 画像4枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード