株式分配型スピンオフへ!カラオケ収益性がアップした「コシダカHD」決算まとめ

株式分配型スピンオフへ!カラオケ収益性がアップした「コシダカHD」決算まとめ

2019年10月14日 20:00

カラオケ店「カラオケまねきねこ」や女性専用フィットネス「カーブス」を展開するコシダカホールディングスが、2019年8月期決算を発表しました。

売上高は618億円から658億円へと拡大し、40.7億円(+6.6%)の増収。営業利益は78.6億円から95.1億円に増えて、16.5億円の増益(+21%)となりました。

今回は、フィットネス事業「カーブス」を「カーブス・ホールディングス」として「スピンオフ(独立)」させることも発表。日本では珍しい子会社のスピンオフですが、アメリカではPayPalがeBayから独立したときにも用いられています。

カラオケ事業が43.3%増益

コシダカホールディングスのメイン事業は、前述した通り「カラオケ」と「カーブス」の二つです。

この続きを見るには
(2066文字 画像5枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード