「ジンズ」「無印良品」「ローソン」注目小売チェーン決算をまとめてチェック

「ジンズ」「無印良品」「ローソン」注目小売チェーン決算をまとめてチェック

2019年10月22日 20:00

今回は、注目の小売チェーン3社の決算を「スライド1枚」でスピーディにチェックするという記事を作ります。取り上げるのは「ジンズHD」「良品計画」「ローソン」の3社。

なお、セブン&アイHDファーストリテイリングファミリーマートについては別記事で取り上げているので、そちらも併せてご覧ください!

ジンズHD:高単価商品ヒットで好調

まずは、メガネの「ジンズ・ホールディングス」です。

ジンズホールディングスの2019年度売上は619億円(前年+12.8%)、営業利益74.6億円(前年+22.9%)という結果になりました。

メインの「国内アイウェア事業」は売上482億円(前年+6.85%)、セグメント利益は72.4億円(前年+16.2%)という結果。

既存店増収率は3.6%と好調で、店舗数は昨年8月の349店舗から3.7%増えて362店舗となりました。

EC事業では売上17.4億円と、前年から17.2%の増収。売上構成比としては全体の2.8%と、まだまだ小さな水準。

好調の背景は、1本で簡単にメガネとサングラスをスイッチできる「JINS Switch」や、12,000円の価格帯で販売する「Combi Slim Airframe」などが好調だったことで、一式単価が上昇。

海外アイウェア事業は売上111億円(+53.8%)、セグメント利益が7,000万円から3.6億円へ増益という結果になりました。大幅増収の背景にあるのは、新たに連結範囲に追加した「台湾」事業です。

国内店舗数は来期、418店舗に達する計画。海外で大きいのが中国、そして台湾です。

2020年8月期の予想では、売上高681億円(+10%)、営業利益83億円(+11.3%)と増収増益を計画。中でも海外売上は135億円と、今期(111億円)から21.7%の成長を見込んでいます。

参考

2019年8月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

株式会社ジンズホールディングス 2019年8月期 決算説明会

良品計画:利益率下がって下方修正

続いては、『無印良品』を展開する良品計画です。

この続きを見るには
(1737文字 画像5枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード