インドネシア、2045年までに7兆ドル経済へ!注目経済ニュース5本を図解

インドネシア、2045年までに7兆ドル経済へ!注目経済ニュース5本を図解

2019年10月22日 07:00

おはようございます!

イギリスのEU離脱は、いよいよ不透明になってきました。ジョンソン英首相は10月末の離脱を目指すとしていますが、議会は「交渉延長」を要求してくるばかり。

残り2週間足らずでの実現はさすがに厳しそう。ジョンソン政権は与党が下院で過半数を下回っており、議会進行の主導権を失う可能性すらあります。

それでは、注目ニュース5本を図解していきます!

インドネシア、2045年までに7兆ドル経済を目標

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は月曜日に新内閣を発表。その前に、彼は「2045年までにインドネシアを7兆ドル経済にする」というビジョンについて話しています。

インドネシアは世界で4番目に人口の多い国であり、若年層が多い。東南アジアでも期待の経済圏として注目されています。

ジョコウィ大統領は2024年まで10年の任期を務める予定。プロフェッショナル中心に内閣を入れ替えることで、世界経済が減速する中でも、投資と成長を加速しようとしています。

さらに大統領は、投資や雇用を妨げるものがないか、あらゆる法律をチェックするよう政策立案者たちに命令。「(繁栄は)決して自動的に出来上がるものではないし、簡単なものでもない」大統領はスピーチでこう発言しました。

IMFによると、2019年のインドネシア経済成長率は5%まで減速する見通し。

ジョコウィ政権による積極的な構造改革は、民衆からの反発も買っています。それでも、改革を成し遂げるために野党とも連携。大統領選を争ったプラボウォ・スビアント氏とも和解。「大連立」を組むと目されています。

インドネシアの2017年のGDPは1兆ドル。これが実現すれば、30年弱で7倍という成長が見られることになります。

参考:Jokowi Targets $7 Trillion Indonesia Economy With New Cabinet  

警戒される中国の東南アジア融資

中国はこれまで、東南アジア諸国へかなり積極的な資金提供を行ってきました。

この続きを見るには
(2263文字 画像4枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード