Atlassian決算まとめ:外部サービス連携で顧客数加速なるか?

Atlassian決算まとめ:外部サービス連携で顧客数加速なるか?

チームコラボレーションツールなどを多数開発するアトラシアン(Atlassian)の1Q決算が発表されました。

全体の売上は3億6,340万ドルとなり、前年から+36%の増収。営業損失は19.2万ドルとなり、前年の455万ドルから大幅に縮小。

売上のうち、特に伸びているのがクラウドサービスによるサブスクリプション収益で、全体の50%を占めています。

アトラシアンの時価総額は、直近で283億ドル。株価は117ドルほどで、ピーク時の144ドルからは18%ほど下落しています。

上場以来、一時は株価を5倍以上に伸ばしたアトラシアン。直近の事業がどのような状況にあるのか、チェックしてみたいと思います。

顧客数・売上ともに堅調な拡大を継続

アトラシアンは、自社のターゲット顧客を「フォーチュン50万(500ではなく)」としています。小さな会社からトップの大企業まで、幅広い業界に色々な顧客がいるわけです。

この続きを見るには
(1982文字 画像7枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード