【注目ニュース図解】「ソニー、1,000億円の大勝負」など5本

【注目ニュース図解】「ソニー、1,000億円の大勝負」など5本

2019年10月31日 07:00

おはようございます!

「サムスン」は今年10月から折りたたみ式スマートフォン『Galaxy Fold』を日本でも売り始めましたが、今のところ評判は芳しくありません。

もともとは今年4月に発売と言われましたが、「数日で壊れる」という噂が相次いで延期を重ね、ようやく発売にこぎつけました。

9月、アメリカで発売された時にも「1日で壊れた」とTechCrunchが報じるなど大変そうですが、それでもサムスンは「折りたたみ」への道を諦めていないようです。

サムスン、新型の折りたたみ式スマホをチラ見せ 

サムスン電子が、「折りたたみ」式スマートフォン「Galaxy Fold」の次世代版デザインを”チラ見せ”しました。

次世代版では、折りたたみ方向が変わるようです。正方形を横方向に折りたたむ最初のバージョンとは異なり、縦長のデザインを「縦」に折りたたむ、昔のガラケーの進化版のような様相を呈しています。

値段は「Galaxy Fold(1,980ドル)」より安くなる予定で、アメリカのファッションブランド「トム・ブラウン(Thom Browne)」と協業して製品開発を進めているとのこと。

トム・ブラウン氏(人名)は、1965年生まれのファッションデザイナーで、2001年に「トム・ブラウン・ニューヨーク」を創立。日本でも伊勢丹や阪急、ユナイテッド・アローズなどとコレクションを展開しています。

現状は「キワモノ」と言えなくもない折りたたみ式スマートフォンですが、いくつかの懸念さえ払拭できれば、次の新たなスタンダードになるかもしれません。

参考:Samsung Teases New Clamshell Design for Next Folding Phone

「ビッグ3」のクラウド収益が220億ドル規模に

直近の決算シーズンにおいて、Amazon、Microsoft、Googleが展開する「三大クラウドプラットフォーム」の合計売上が推計220億ドルに到達しました。

この続きを見るには
(2170文字 画像5枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード