「Lyft」3Q決算まとめ:業績好調で2021年4QのEBITDA黒字化を宣言

「Lyft」3Q決算まとめ:業績好調で2021年4QのEBITDA黒字化を宣言

2019年11月05日 12:00

アメリカでライドシェアリングサービスを提供する「Lyft」3Q決算が発表されました。

四半期の売上は9.56億ドルで、前年同期から+63%の拡大。営業損失は▲4.9億ドルに拡大しました。

営業「損失」率は売上に対して51%と赤字幅は大きいものの、売上は急成長を続けています。業績好調により、2019年の業績見通しは上方修正しています。

企業・組織との連携を成長の軸に

それでは、Lyftの決算状況について一つずつ確認していきましょう。まずはサービス全体のKPIについて。

この続きを見るには
(1734文字 画像4枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード