クラウドソーシング「ランサーズ」が新規上場:苦節11年、想定時価総は146億円か

クラウドソーシング「ランサーズ」が新規上場:苦節11年、想定時価総は146億円か

クラウドソーシングプラットフォーム「ランサーズ」の東証マザーズ上場が承認されました!

まず全体の業績をチェックすると、2019年3月期の売上が25.2億円。経常損失は毎年数億円の範囲内で抑えられています。

ランサーズといえば、クラウドワークスと並んで国内に2大クラウドソーシングプラットフォームの一角。そのランサーズがいよいよ上場するということで、これまでの沿革からビジネスモデルなど、上場目論見書から読み解いて行きたいと思います。

原体験から日本初のクラウドソーシング発案

ランサーズ創業者の秋好 陽介氏は、1981年生まれ。

この続きを見るには
(2012文字 画像6枚)

Stockclipサポート会員にご登録いただく必要があります。

初回7日間無料キャンペーン実施中!

無料で続きを読む
または
シェア/お気に入り
資料をダウンロード